■アルバム

子どもの自然あそび研修会 2012年6月3日


自然塾主催、けやの森学園共催にて、保育園・幼稚園・小学校の先生方を対象に「子どもの自然あそびの研修会」を開催しました。
当日は悪天候により、実際の子どもの林あそびの様子を見学することはできませんでしたが、林を見学していただいた後にグループワークと講師の先生の講演を行いました。

次回は平成24年10月20日に開催予定です。
主 旨 : 「自然のあそびを保育現場に取り入れ楽しくあそぶための方法を学ぶ」
内 容 : 「自然のあそびの着眼点と、援助の方法」
      −子どもの発見や発した言葉から、科学する心を育てるための手立てを考える−
      ・ 林の見学
      ・「自然のあそびの着眼点と援助の方法」を考える(ビデオワークショップ)
      ・「自然のあそびの着眼点と援助の方法」(講義・質疑応答)
      ・「科学する心を育てる」研究論文の書き方(主旨説明・質疑応答)

  講義担当:(講師)武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 同学科 福田 直 教授
  ワークショップ担当: ソニー教育財団 幼児教育支援事業主査 松崎 由美子 様
当日は悪天候の中30名の方に参加していただきました。
林の見学の時には雨が上がりました。
木イチゴを発見!
味見もしていただきました。
林から戻り、子どもたちが遊ぶ様子を収録したビデオを見てのワークショップを行いました。
飯能日高ケーブルテレビの取材もありました。
ビデオから発見した子どもの様子やつぶやきをまとめます。
そこから今後の展開・発展、改善点などを導き出し、次からの保育に活かすポイントを洗い出しました。 日常の記録がいかに大事かということを学びました。
ソニー教育財団の「科学する心」を育てる論文に挑戦するための説明も行いました。

NPOけやの森自然塾では各イベントの参加者を募集しています。
現在募集しているイベントはこちら。

アルバムメニューへ戻る