■トップページ / ■What's Shizenjuku? / ■活動予定 / ■Topics / ■募集 / ■アルバム


■自然塾ってなーに?



けやの森自然塾は、子どもたちの生きる力を育みたいとの願いをもって、平成4年にけやの木の下で産声をあげました。

平成11年には埼玉県からNPO法人(特定非営利活動法人)の認可を得て、子どもを対象にさまざまな自然体験活動を通した学習と交流を行ってきました。 特に「川」に関わる活動では多くのマスコミに取り上げられ、高い評価を得ています。

地域の子どもたちの健全育成を目指した自然塾の活動は、土曜、日曜を中心に行っています。対象は小学生が中心となりますが、親子やご年配の方の参加も歓迎しています。

自然塾パンフレットダウンロード






けやの森自然塾では、自然体験をとおして子どもたちに
"生きる力"を身につけてもらいたいと思っています。


おもな活動
源流キャンプ  入間川の源流キャンプをします。ニジマスのつかみどりをし自分でさばき塩焼きにして食べます。「命のめぐり」を考えます。
 また、源流ならではの水生昆虫探しや、観察などを通し、水と山の関係や、森林の役割などを考える「科学的学習」も行います。
入間川チャレンジカヌー  初夏の週末にカヌーの練習をします。身近な入間川で、川の活動を通して「もっときれいな川にしたい」という、自然を守る気持ちを育てます。
 また、カヌー技術を磨き、毎年海の日に丹沢湖で行われる、カヌーマラソン大会に出場したり、玉淀湖での実施もあります。
カヌーポロ  カヌーにのるだけではなく、「カヌーポロ」という競技に挑戦します。チームを作って仲間と切磋琢磨し大会出場を目指します。平成21年度より所沢市で行われる「県民総合体育大会カヌーポロ」に出場しています。また、毎年1回、立教小学校との交流会も予定しています。
スノーキャンプ  黒姫高原で雪遊びを楽しみます。スキーや動物たちとの出会い、イグルー作り、雪の結晶の観察・実験などの「科学的学習」と冬ならではの楽しみと冒険がいっぱいです。
登山キャンプ  本格的な登山をし壮大で美しい自然を感じながら、登る苦しさと頂上についた時の達成感を味わいます。富士登山では、頂上に到達することがけが目的ではなく、先に進むか途中で留まるかの判断を自分で下します。
 尾瀬の自然観察キャンプでは、自然保護発祥の地尾瀬を訪れ、歴史ある長蔵小屋に宿泊し、尾瀬の歴史や尾瀬沼周辺の自然観察を行います。どちらも講師の先生が同行し「夏の学習」を行います。
林キャンプ  春は「おいしい林」をテーマに簡単に調理できおいしいものを作ります。
 秋は「たのしい林」をテーマにロープや丸太、布やシートを使って自分たちの遊び場を作ります。
小坊主修行体験  夏と冬に各1回、お寺のお坊さんの説法を聞き、坐禅をします。心を静かに落ち着け、自分をみつめます。他にも写仏をしたり、冬にはお餅つきもします。
林の管理活動  日高市の中沢にある私有林をお借りし、維持管理を行っています。間伐や下草刈り、動植物の調査などを行い、幼児や学童の自然体験の場として活用しています。年数回の大がかりな清掃(下草刈り、間伐含む)作業や、間伐材を再利用した遊具の作成などのお手伝いも募集しています。
フラワースポット  入間川の河川敷(ひろせ橋・本富士見橋の間、ヤオコー裏手)の一角を花壇として、維持管理活動を行っています。以前は狭山市からの委託事業でしたが、委託期間終了後も会員の方がボランティアとして活動を続けています。現在1区画の空きがありますので、活動に興味のある方はお問い合わせください。
自然のあそび研修会  平成22年から不定期で行っていた林での研修会を、平成24年から年2回(春、秋)定期的に開催することにしました。
幼稚園・小学校の教諭を始め、保育士、学童支援員などを対象に、自然の中での遊びの指導案作りや、講師の先生の講義、グループディスカッション、林あそびなど、実践を交え楽しく学びます。興味のある方はお問い合わせください。


NPOけやの森自然塾では、自然体験こそ豊かな人間育成に重要な役割を果たすものと考え、子どもたちの自然体験活動を実践しています。
自然活動は危険や困難が伴うものです。しかし、私たちはすべての危険を子どもから遠ざけることはしません。安全を確保しながらも、子どもたちが力を合わせて困難を克服できる状況を作り出し、自分の責任で行動できる力を養います。


おもな活動スタッフ
佐藤朝代 けやの森自然塾理事長
けやの森学園代表
1級こども環境管理士
自然観察指導員
福田直 けやの森自然塾塾長
大学教授、日本土壌肥料学会(土壌教育委員会委員長)
埼玉県環境アドバイザー、埼玉県環境教育アシスタント
萩野努 保育士資格
自然体験活動指導者(自然体験活動リーダー)
2級こども環境管理士、赤十字救急法救急員、
伐木等の業務(チェーンソー)、刈払機取扱作業者に対する安全衛生教育
他スタッフ 保育士、幼稚園教諭、元教諭(体育・英語)、看護士、他
ボランティア
スタッフ多数
自然体験指導者、カメラマン、デザイナー、日本森林ボランティア、
カヌー(JRCA公認)指導員、大型免許所持運転手、調理士、野鳥の会会員他
講師 埼玉県カヌー協会、元全日本カヌーポロ代表、自然環境研究センター、大学教授、他
協力 駿河台大学カヌーポロ部、他



■トップページ / ■What's Shizenjuku? / ■活動予定 / ■Topics / ■募集 / ■アルバム